スティーブン・ライアン

Stephen Ryan Design&Decoration 代表

ヨーロッパ、米国、アジア、中東尾など全世界を股にかけ、手がけるプロジェクトは住宅、ホテル、商業施設、ヨットなど多岐に渡り、特別な美意識が貫かれた世界観が、ゆるぎない評価を確立する。英国一流紙の「100人のリーダーデザイナー」、その他デザイン関連の受賞は数知れず。

ダニエル・ホップウッド

The Studio代表

1993年創業以来、アンティークとアートを武器に、唯一無二のデザインを創造し続ける。ポートフォリオは住宅からホテル商業施設まで多岐にわたるが、デザインの斬新性のみならず、深い知識に裏づけられたアプローチが高い評価を堅持する。英国BBCのテレビ番組 The great Interior Design Challengeにジャッジとして出演し人気を博している。

スージー・ランボルト

Tessuto Interiors Ltd. 代表

1993年「Tessuto Interiors Ltd.」創業、同社のクリエイティブディレクター。建築チームを率い住宅、商業施設のデベロップメントを数多く手がけ、洗練された美しさが高い評価を得る。英国のメディアを舞台にインテリアデザイン関連の課題に取り組んでいる。その豊富な話題と人柄から、現在英国では最も人気を博すレクチャラーと評される。

グレゴリー・フィリップス

Gregory Phillips Architects 代表

Best interior Design,International Design & Architecture Award,International Property Award for Interior Designなど、英国および世界の建築インテリアの賞を総なめにしている。メイフェアのサビルローにオフィスを構え、建築家でもある彼の手がけるディテイルとマテリアルを熟知したスタイリッシュな建築インテリアは圧巻。

澤山 乃莉子

NSDA Nriko Sawayama Desigh&Associates Ltd. 代表

東京での10年に及ぶホテル・レストランマネジメントコンサルタントという異色の経歴を背景に、2000年にロンドンで起業。日英で住宅、ホテル、レストラン、家具デザイン、また大手企業の開発事業やモデルルームを手がけ、日英での雑誌掲載や受賞も多い。

スティーブン・ライアン

Stephen Ryan Design&Decoration 代表

ヨーロッパ、米国、アジア、中東尾など全世界を股にかけ、手がけるプロジェクトは住宅、ホテル、商業施設、ヨットなど多岐に渡り、特別な美意識が貫かれた世界観が、ゆるぎない評価を確立する。英国一流紙の「100人のリーダーデザイナー」、その他デザイン関連の受賞は数知れず。

ダニエル・ホップウッド

The Studio代表

1993年創業以来、アンティークとアートを武器に、唯一無二のデザインを創造し続ける。ポートフォリオは住宅からホテル商業施設まで多岐にわたるが、デザインの斬新性のみならず、深い知識に裏づけられたアプローチが高い評価を堅持する。英国BBCのテレビ番組 The great Interior Design Challengeにジャッジとして出演し人気を博している。

スージー・ランボルト

Tessuto Interiors Ltd. 代表

1993年「Tessuto Interiors Ltd.」創業、同社のクリエイティブディレクター。建築チームを率い住宅、商業施設のデベロップメントを数多く手がけ、洗練された美しさが高い評価を得る。英国のメディアを舞台にインテリアデザイン関連の課題に取り組んでいる。その豊富な話題と人柄から、現在英国では最も人気を博すレクチャラーと評される。

グレゴリー・フィリップス

Gregory Phillips Architects 代表

Best interior Design,International Design & Architecture Award,International Property Award for Interior Designなど、英国および世界の建築インテリアの賞を総なめにしている。メイフェアのサビルローにオフィスを構え、建築家でもある彼の手がけるディテイルとマテリアルを熟知したスタイリッシュな建築インテリアは圧巻。

澤山 乃莉子

NSDA Nriko Sawayama Desigh&Associates Ltd. 代表

東京での10年に及ぶホテル・レストランマネジメントコンサルタントという異色の経歴を背景に、2000年にロンドンで起業。日英で住宅、ホテル、レストラン、家具デザイン、また大手企業の開発事業やモデルルームを手がけ、日英での雑誌掲載や受賞も多い。