【Q1】なぜイギリスのインテリアデザインに優位性があるのですか?

世界的に活躍する英国のデザイナーたちがつくり出すデザインは多彩で個性的であり、不動産の資産価値を圧倒的なデザインのパワーで高めていきます。
ロンドンは世界最大の不動産投資マーケットとして、特にリーマンショック以降世界中からの投資マネーが住宅市場に流れ込んでいます。ここではデザイナーが不動産資産価値を高める最も重要な役割を果たします。デザイナーが関与した物件はそうでない物件の1.5倍から2倍の価値を容易にたたき出し、新たな富を生み出していきます。医者や弁護士からも転向するインテリアデザイナーの職能と職域は(日本には無い、建築士、デザイナー、アートディレクターすべて含む非常に格の高い職業)、明快な役割をそのプロの手腕で果たしていきます。
特にロンドンは、ヨーロッパを含む2000年以上の建築・美術工芸史、つまり学問に裏付けられた知の蓄積を背景に、常に最先端のデザインを提供し続けています。建築にもデザインにも価値が高い都市だからこそ、不動産が最大の投資になり世界中の富を引き寄せます。そこがインテリアデザイナーの活躍の舞台であります。もまれている土台も知識のレベルも世界最高です。その本物のスキルを日本でも手に入れることができる仕組み、それがBABIDという組織です。

【Q2】なぜイギリスのインテリアデザインを日本に広めたいのですか?

英国のステレオタイプのデザインをコピーしたいわけではありません。今日本の欧風デザインは“何々風”がまかり通り、コピーだらけです。
知の集積と本物を知る環境にないプロがつくり出すもの、それはコピーです。コピーは価値を生みません。差別化もできません。
私たちが広めたいのは、差別化により収益性と資産価値を高めるインテリアデザインなのです。優れたインテリアデザイナーとしての土台は、創りだすデザインの時代や国籍、住宅か商業施設かは問いません。英国のデザイナーたちは圧倒的な知の集積から新たなデザインを生み出す力を持っています。