“リゾート×オフィス”の新コンセプトのコワーキングスペース

resoffice.湘南藤沢

コワーキングスペースresoffice.湘南藤沢

BABID国内第4弾プロジェクトは“リゾート×オフィス”の新コンセプトのコワーキングスペース「resoffice.湘南藤沢」。リゾフィスという名前は「リゾート」と「オフィス」の融合を表します。コンセプトデザインを担当したのはDaniel Hopwood。プロデュースは澤山乃莉子。国内初のコラボレーションで湘南・藤沢ならではのマインドフルネスでリラックスできる空間を作り出しました。

■フリーデスクスペース

Before

After

コワーキングスペース 「resoffice.湘南藤沢

フレキシブルに配置を変更できる、自由なレイアウトのフリーデスクスペース。こちらのタモ材を使ったデスクはすべて大工さんの手作り。手作りならではの手触りと香りでさわやかなワークタイムを過ごすことができます。

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

立って作業できるスタンディングデスクは長時間のデスクワークには必須。健康と作業効率のアップのためこちらも大工さんの手作りです。フリーデスクスペースに2か所設置しました。

■プライベートルーム

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

個室は全部で10部屋、1人用~最大4人用まで。オフィスとしての機能を保ちつつ、輸入の紙クロスで個室の中にもこだわりぬいた藤沢らしさを表現しています。

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

個室の目隠しには和紙アートで湘南の海とスタイリッシュなオフィスのコラボレーションを表現。新進の和紙作家 熊谷雛の作品です。和紙ならではの優しい透け感で光をコントロールしつつ、スタイリッシュな幾何学模様のデザインで「オフィス」のムードを保っています。部屋番号やサイン、入り口のロゴも彼女の手作業によるもの。

■ラウンジスペース

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

フリーデスクスペースの先には、贅沢なラウンジスペースを設けました。個室利用の会員様以外、だれでも自由に使用できるボーナススペースです。自由に回遊したり、コーヒー片手に気分転換したりリゾートホテルのラウンジのような解放感をご体感いただけます。ふんだんに配置されたグリーンは地元園芸業者と提携。緑にあふれたリラクシブルなムードが利用者同士のコミュニケーションを斡旋し、新たなビジネスが生まれることを期待しています。

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

印象的なオレンジとグリーンの張地を選んだソファはカリモク家具の「Karimoku Standard」シリーズを採用。丸みのある角のないフォルムがリゾフィスのラフなムードにもぴったりです。

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

ラウンジスペースのコーヒーテーブルには、里山保全活動 を主軸にしたボランティア団体「熱海きこりーず」の切り株テーブルを。その他にも日大芸術学部 のOBOGに協力いただいたアートをかざるディスプレイシェルフの棚板、鉢植えのグリーンを飾る小さな壁掛けの棚も「熱海きこりーず」に提供された間伐材をアレンジしています。

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
 
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
 

■カウンタースペース

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

窓側には優しい自然光で明るいカウンターデスクを。こちらもタモでつくった大工さんの手作りです。

■キッチン

自由に使うことができるキッチンはコンパクトでありながら必要なものがすべてそろう利便性の高いレイアウト。家電のカラースキムまでこだわりぬいています。ここでも「熱海きこりーず」の飾り棚が良いアクセントに。

■ミーティングルーム

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢
コワーキングスペースresoffice湘南藤沢

ミーティングルームは12人収容タイプとクローズドな応接間タイプの2部屋。海に偏りがちな湘南のイメージですが「森・緑」をテーマに落ち着いたカラースキムで仕上げました。

Photo By Shouichi Nose(Sky Techno Creation Inc.)
※画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。


 

 

「リゾート×オフィス」を表現したロゴデザイン

コワーキングスペースresoffice湘南藤沢ロゴ

インテリア同様、ダニエル・ホップウッドのデザイン。
中心のパームの葉でリゾート感を、あえてかっちりとしたスタイリッシュなフォントはあくまで働く場所であるオフィスのイメージを表しています。一見相反する2つの要素を見事にコラボレーションさせた、湘南・藤沢らしいロゴに仕上げてくれました。

 

 

デザイナー&デザインプロデューサー紹介

Daniel Hopwood

ダニエル・ホップウッド
The Studio代表
1993年創業以来、アンティークとアートを武器に、唯一無二のデザインを創造し続ける。ポートフォリオは住宅からホテル商業施設まで多岐にわたるが、デザインの斬新性のみならず、深い知識に裏づけられたアプローチが高い評価を堅持する。英国BBCのテレビ番組「The great Interior Design Challenge」にジャッジとして出演し人気を博している。

BIIDトップデザイナー Noriko Sawayama

澤山 乃莉子
BABIDインテリアデザインプロデューサー
NSDA 代表・澤山塾主宰
2000年にロンドンで起業以来、住宅、商業施設、家具デザインなどを手掛ける。
「BIID Merit Award 2016」等、日英での受賞や雑誌掲載も多数。
プロ向け欧州トレンドレポート・デザイン塾主宰など、執筆、教育、講演分野でも活躍。